本文へ

  • ワタリジャパン 総革張りソファ 専門ショールーム 特別販売会|東京
  • 激安!アウトレット家具セール|大正堂インテリアディスカウントショップ登戸店
  • ワタリジャパン 総革張りソファ 専門ショールーム 特別販売会|大阪

東京立川で70年近い歴史を持つ老舗高級家具店「家具のいしづか」をご訪問しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
友だち追加数

家具のいしづか

東京都立川市に位置する「家具のいしづか」。長い歴史を持つ老舗高級家具店として立川方面では有名な家具店です。今回、インテリアプラスで家具のイベントを告知させていただくことになり、この機会に「家具のいしづか」の歴史や特徴など、社長の石塚様にお話を聞かせていただきました。

Q:「家具のいしづか(石塚家具)」の歴史を教えてください。

A:初代にあたる私の父親が洋家具製造(製造メーカー)として立ち上げたのが最初になります。戦後まもなく「石塚木工所」という名称で製造工場を始めました。いくつか場所を移転したことはあったようですが、一番最後はこの場所(立川)に腰を据えました。既に70年近い歴史があることになります。そこそこの広さがあるのは元々家具製造工場だったというのはあると思います。

家具のいしづか

Q:当時は主にどのような家具を作っていたのでしょうか。

A:昔ですから基本はタンスとかですね。でも最盛期は何でも作っていたようです。過去の資料や写真等を見ると、造作物からテーブル、机などあらゆる家具を作っていました。役所・学校・銀行関係に備品納品も行っていたようです。中にはベッドも作っていた記録がありました。

Q:ベッドもですか?

A:昔のベッドですから、土台にスプリングを直接打って、藁などクッションになるものを敷いて側をクルッと丸めたような構造でした。私、一回だけ「昔、家具のいしづかで作ってもらった」という何十年物のベッドを引き上げたのを見たことがあります(笑)。まあ、昔はそんなこともあったんだろうなと。最盛期は注文が来れば何でも作ったのでしょうね。良い時代ではありました。その後、時代の流れの中で少しずつ小売りにシフトしていって現在に至ります。

家具のいしづか

Q:「家具のいしづか」で一番多い力を入れているのはどういった家具ですか。

A:基本的にはリビング、ダイニング、ベッドですね。
原則的には国産家具を主体に揃えています。飛騨の家具や旭川家具系、ベッドメーカーも国産をメインに一通り揃えています。

昔は立川にも他の家具屋さんがたくさんありました。当時はどこの家具屋さんもフロア一杯に家具をぎっしり並べていました。例えば食器棚を林のように並べたりダイニングセットをワンフロアにぎゅうぎゅうに並べたりしていました。ところが平成7〜8年あたりからでしょうか、バブルが終わって色々下火になってきた時に「ルーム展開」というかお部屋みたいにゆったりディスプレイしていく流れが始まりました。ほぼ、現在の店舗のスタイルになったのはこの時期からですね。

家具のいしづか

Q:やはり価格帯も高めになりますか。

A:実はそうでもないんですよ。「ルーム展開」のレイアウトにすると高めに見えることがあります。
しかし、一昔前のバブル時代にはダイニングセットで50万とかソファで7〜80万とかゴロゴロ置いてありました。今はそれほど高い商品はほとんどありません。昔から見ると家具の単価は相当下がりました。景気の低迷や大手の安売り家具チェーンさんの影響も大きいでしょうね。
「家具のいしづか」としては安売り家具チェーンさんほど安くはないけれど、質の良い国産家具を中心にお求め安い価格帯で揃えています。安売りチェーンさんも良いけれど、もう少し上のグレードのしっかりした家具をお探しの場合には、是非一度「家具のいしづか」にご来店いただければと思います。

当店としては幸いにしてそこそこの売場面積がありますので、通常の販売はもちろんなんですが、それ以外にも様々な店内催事を積極的に行っていきたいですね。もしイベント商品がお探しの物ではなかったり予算的に合わない場合でも、店内の豊富な商品の中から最適なご提案が出来ると考えています。

家具のいしづか

Q:さきほどバブル崩壊や大手チェーンの台頭によって多くの家具屋さんが消えていったお話がありましたが、そのような厳しい状況の中で「家具のいしづか」が現在まで続いて来たのはどのような強みがあったとお考えですか。

A:大手さんが「安さ」で押してきている状況の中で、「家具のいしづか」としては飛騨や旭川などの国産家具を中心とし、また特注(別注)家具などを多く取り扱ってきたことが大きかったと思います。大手の安いところに行けば決まった物しかななくて「これください」で終わりですが、当店の場合はもう少しお金が掛かりますが、お客様の希望に合わせて「何でもやりますよ」というスタンスで相当きめ細かい対応を行ってきました。例えば、旭川でオリジナルの家具を作り、そこからさらに特注などもやってきました。
私の感覚としてはなるべく「出来ません」とか「これしかありません」と言わずに、お客様のニーズに合わせてできる限りの提案をするように心がけています。加えて、張り替え・塗り替えなどのアフターケア、修理メンテナンス対応ですね。メーカーへの修理に出すのはもちろんなんですが、それ以外の商品でも質の高い専門業者と提携しておりますので安心してお任せ頂けます。

Q:本日はありがとうございました。

今回は東京立川の「家具のいしづか」様にお伺いいたしました。質の高い国産家具をお求め安い価格帯でご提供すると共に、特注家具から修理対応まできめ細かいサービスが大変印象に残りました。
今後、インテリアプラスでも「家具のいしづか」の注目の家具イベントを随時発信していく予定です。近隣にお住まいの方は是非一度、ご来店されてみてはいかがでしょうか。

「家具のいしづか」のイベント

予定されているイベントはありません。

アーカイブ

カテゴリー

インテリアプラス マトリックス(ベッド編)
インテリアプラス マトリックス(学習机編)