本文へ

  • ワタリジャパン 総革張りソファ 専門ショールーム 特別販売会|東京
  • 激安!アウトレット家具セール|大正堂インテリアディスカウントショップ登戸店
  • ワタリジャパン 総革張りソファ 専門ショールーム 特別販売会|大阪

ペルシャ絨毯について

このエントリーをはてなブックマークに追加
友だち追加数

ペルシャ絨毯01

歳月とともに踏まれて美しさを増すペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯は、言わば床の上の芸術品。踏まれることによって魅力が増す、唯一無二の芸術と言えるでしょう。 同時に、生活品として人々との間に隔たりを設けず、機能性にも富んでいるのがペルシャ絨毯の愛される所以なのです。 イランが世界に誇るこの絨毯は、ペルシア王朝時代から織り継がれてきた、歴史の産物です。
ペルシャ絨毯に必要不可欠な素材はウールですが、一万年ほど前から続く遊牧生活においても、羊の存在が切り離せないものでした。 農耕の適さない西アジアの山岳地帯や砂漠では、羊を食べ、羊の乳からチーズを作り、そして羊毛で衣類やテントを作って生活をしてきたのです。 絨毯の正確な起源は明らかにされていませんが、遊牧生活を送る人々は、そのうちに糸を紡ぐ技術を手にし、敷物作りに反映されてゆきます。
また、イスラム教の発展なくしてペルシャ絨毯の普及は語ることができません。 一日に五度の祈禱をひざまづいて行う人々にとって、小型の祈禱用絨毯の需要が高まりました。 モスクの増加にもともない大量の絨毯が使われるようになったのです。

こうしてイランの各地で、ペルシャ絨毯が次々に生産されるようになったのですが、特筆すべきは全て手織りで仕上がっていることです。
イラン産の絨毯であれ、機械で作られたものに「ペルシャ絨毯」という名前はつきません。 今やペルシャ絨毯は、数ある世界最高級品の中の代名詞のひとつでありますが、そこには本格的な技術の裏付けがあります。 染色や細かな織りの技術は、各地で長きにわたって受け継がれてきたものであり、卓越した技が完成するまでには長い年月が必要です。 美術工芸品として知られながら、全てがオリジナルであり、文様こそがペルシャ絨毯の命とも言えます。 機械化されたパターンでは決して味わうことのできない、技術者の習練された技は息をのむほど。 その文様の美しさは、宮廷画家がかつて描いたデザインを元にしているとも言われ、他にも神秘的で華麗な文様はごまんとあります。

ペルシャ絨毯にこだわる意味

天然染料で染められ、細かく織られたペルシャ絨毯は、踏めば踏む程ツヤが出て、味わい深い色合いを徐々に現します。 踏むことによって美しさが増す芸術品は、他に類を見ないと言っても過言ではないでしょう。 頑丈で耐久力の高い素材使いにより、80年〜100年ほどの酷使にも十分耐えることができます。 機能性と芸術性をもちあわせたペルシャ絨毯は、孫の代まで家族に寄り添う力強い存在であるのです。

ペルシャ絨毯04

優れたペルシャ絨毯とは

ペルシャ絨毯と言えば、目を見張るほどの壮麗な存在感ですが、偽装品の多さや高値のイメージがまだ拭われないままいることは事実でしょう。 しかし、これはペルシャ絨毯に限ったことではありません。 骨董品と謳い、古めかしい加工を施した高価なお茶碗や、李朝家具なども世に出回っているのと同じことです。 百聞は一見にしかず、本物を見て触って審美眼を鍛えたいものですが、まずはどんなペルシャ絨毯がよいとされているのかを知っておきたいものですね。

ペルシャ絨毯の良し悪しは、ノットの密度、ラインが正確にでているデザイン、天然の素材使い、天然素材の染着、細やかで強固な織りなどで判断されます。 絨毯と言えば、ふかふかで毛足の長いものこそ、上質で高級感あふれたイメージがありますが、ペルシャ絨毯においてはあてはまらないことです。 上質なペルシャ絨毯を見極めるためには、1㎡あたりのノット数(編み目の細かさ)にも注目する必要があります。 パイルが長く、ノットが荒ければ、ペルシャ絨毯の命でもある美しい文様が、はっきりと浮かび上がらないからです。 そのため、遊び毛がでることもなければ、切れ毛で掃除に頭を抱えることもまずありません。

また、ノットが高密度で、薄くしなやかな仕上がりのペルシャ絨毯ほどよいとされています。 薄手の絨毯ほど、細い糸を用いなければならなく、もちろんその分製作には膨大な時間と労力が費やされるわけです。 ペルシャ絨毯は全てが、完全な手織りであるため、完成までには1〜3年、または10年程の年月が流れることもあります。 つまり、上質な素材だけが、値段の大きな部分を占めるわけではなく、細かな織りの技術が関わってくるのです。 細い糸を用いて織れば織るほど、耐久性もあがり、心を奪われるような精巧な文様が実現します。 しかし、その分時間がかかるため金額も相応のものとなるのですね。

ペルシャ絨毯はアンティーク品としての取引も行われていますが、それらが必ずしも高額であるわけでは決してありません。 あくまでユーズド品ですから、その中でどんな点が新品に勝っているのかは是非知っておきたいものです。 全てが手作業であり、パターンもオリジナルであるわけですから、例えば優れた技術者が亡くなってしまったのような理由があれば、もちろん値が上がるケースもあります。 また、状態のよい絨毯に、えも言われぬツヤや、天然染料の醸し出す色合いが美しい場合には、アンティーク品として相応の価値がつくこともあるのですね。

ペルシャイメージ01

日本とペルシャ絨毯のおつきあい

日本とペルシャ絨毯の歴史を遡ると、意外な名前に遭遇します。
ペルシャ絨毯は、安土桃山時代にシルクロードと中国を経て、日本に渡ったとされていますが、その美しさにすっかり魅せられたのが豊臣秀吉でした。 ペルシャ絨毯の放つ絢爛なオーラを、「身にまといたい」と言った秀吉は、絨毯を裁断させ陣羽織にしてしまったのです。 また、京都の祇園祭に使われる山鉾には、17世紀に伝わったとされるペルシャ絨毯が飾られているのも意外なお話です。

日本とイランで共通しているのは、家の中では靴をぬいで過ごすという習慣。
ペルシャ絨毯の本場であるイランの人々が、年中共に過ごしている絨毯は日本人の生活にもすんなり溶け込むことでしょう。 直に感じる肌触りを楽しめるペルシャ絨毯は、もちろん日本の住空間にもマッチします。 単体で見えると色鮮やかに見えるペルシャ絨毯ですが、その色どりをつくりだしているのは全てが天然の染料なのです。 経年変化とともに出てくる深い色合いは、自然を好む日本人のこころにすっかりと染み入ります。 わびさびの文化をもつ日本人にとって、枯れたような深々とした色合いには壁を感じないことでしょう。

人々の手で確実に織られた数万とあるペルシャ絨毯のなかから、運命的な出会いを探すことはこの上ない贅沢な楽しみと言えます。 各国の文化からにじむ感性をとびこえて、ペルシャ絨毯は異文化の中でも愛されているのです。

不思議と気分が安らぐペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯の上に身体を運ぶと、「気が和らぐような感覚を覚える」と多くの声を耳にします。 もちろん、背景として存在するイスラム教を思い出せば、当然神秘的な気持ちを抱かずにはいられません。 しかしそれだけではなく、ペルシャ絨毯の製作過程が大いに関わっていると言えるでしょう。

ペルシャ絨毯はすべて手織りの作業から生まれたものですが、織り子以外にも数多くの技術者の手跡を忘れるわけにはいきません。 イラン高原に春の雨が訪れる頃には、牧童たちが雨にすっかり洗われた羊毛を刈りとります。 原毛の汚れを取り除くだけでは染着力が弱いため、脂肪分の付着も除く作業が必要になります。 そのために、石けんとソーダを用いながら繰り返し、羊毛をきれいにしてゆきます。 その羊毛は、村々の女たちの手に渡ると糸を紡ぐ工程に進み、染色のために男たちは仕上がりを待ち構えるのです。 その頃、工房ではデザイナーが、文様の構想に頭を悩ませていることでしょう。 方眼紙を目の前に、人々を魅了するパターンを練ってゆくのです。
職工たちは糸を張った機織りの前に腰をおろし、何千万という結び目を作る作業にとりかかります。 前後二列にぴんと張られた糸に、パイルとなるウールやシルクの糸をひとつひとつ結びつけてゆきます。 ペルシャ結びとトルコ結びといった二種の結び方があり、だんだんと色鮮やかなパターンが顔をあらわします。 気の遠くなるような小さな作業を繰り返すうちに歳月は流れ、数年がたってゆくのですね。

こうして織り上がった絨毯は、水と石けんを用いてブラシで丸洗いされます。 長期間の作業にわたり付着した埃や、余分な染料を落とすことで、だんだんと絨毯はしなやかさを増してゆきます。 しっかりと洗われると、天日干しの工程に移ります。 乾いた絨毯はパイルの表面を平らに整えるためにシャーリングされ、整形され、市場へと出荷されるのです。

最長期間が、織りに費やされるペルシャ絨毯に欠かせないのが女性の存在です。 もちろん織り子には男性もいますが、15〜20歳ほどの女性がメインとなって作業が進みます。 ひとつひとつ結び目をつくって織り上げてゆく作業には、女性の細い指先と視力の強さがキーポイントとなるのです。 上質なペルシャ絨毯は、十代後半の少女によって作られ、彼女たちはその歳でベテランと呼ばれるようになります。 「少女」と「女性」の間を生きるこの年代は、言うなれば一番美しいときであると言えましょう。 その研ぎすまされた時期を、彼女たちはペルシャ絨毯に注ぎ込むのです。 そういった背景を知ると、とたんにペルシャ絨毯の価値に重みと厚みが増すはずです。 喜怒哀楽のなか、毎日を送るわたしたちではありますが、織り子にとって精神のふらつきは、文様のズレを意味します。 彼ら、彼女らの集中した精神状態が「気」となって入り込んだものが、ペルシャ絨毯なのです。 作り手の顔が見えずとも、ペルシャ絨毯に触れると、心が和み、支えられているような心地よさを覚えるのは、その「気」があるからこそなのでしょう。

織り子

強靭なウールで作られるペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯は、もちろん敷物としての用途も果たしていますが、その美しさからタペストリーとしても愛されています。 タペストリーとして作られるペルシャ絨毯には、シルクが用いられていますが、日常から踏まれることを想定したものにはウールが用いられます。

イランの乾燥した風土のなか生きるペルシャ羊の毛は、草や食べ物や気候などの条件が絡み合い、弾力性に富み強靭です。 ウールの糸は、引っ張られても強度を発揮し、毛が寝てしまうことがありません。そのため、踏まれても長持ちするのです。 敷物に適した強固な素材づかいと、細かい織りの技術が重なれば、耐久力が高まるのは言うまでもありません。 使い始めて1〜6ヶ月ほどは、遊び毛がでることもありますが、切れ毛による悩みは生じません。 ウールには油分が含まれているので、踏まれるほどに、光沢がでてくるのも使う楽しみのひとつです。 使用頻度と比例する光沢感を目の前に、使い手もどんどんとペルシャ絨毯の蘊奥に魅了されてゆくはずです。

ウールを共通素材としてもつペルシャ絨毯ですが、その生産地はさまざまです。 イラン各地の町や村で、それぞれに織り継がれています。 唐津焼、信楽焼、備前焼などのように、日本にも各地名のつく陶磁器があるのと同じですね。 ペルシャ絨毯も同様に、生産地によって、特徴的な色使いやデザインや素材があり、独創的な個性が込められています。

なかでも5大生産地と言われているのが、クム、イスファハン、カシャーン、ナイン、タブリーズ。 日本で人気を博しているのは、ナイン産のペルシャ絨毯です。 絨毯の織りの歴史はまだ100年ほどですが、日本に人気の理由は色使いに隠されているようです。 ナインではベージュが多用されており、シンプルな日本の住宅環境にマッチするのです。 また、木工家具のように、経年変化によってだんだんと飴色になってゆく様子も、日本人好みにより添っていると言えます。 反対に、色使いが鮮やかで、原色も多用されるのはイスファハン産やタブリーズ産で、ヨーロッパに人気です。 クムにはシルク絨毯が多くあり、素足で感じるひんやりした感覚は特別なもの。 シルクはウールの強靭さには敵いませんので、玄関マットなど、家の顔となるようなところに敷くのもひとつですね。 シルクはカスピ海沿岸などの養蚕によって得られています。

ペルシャイメージ02

遊牧民の憧れが抽象化されたペルシャ絨毯

ペルシャ絨毯の命である文様の多さには、ただただ驚かされます。
その中から家族の財産ともなり得る、たった一枚を探し出す喜びは大きなものと言えるでしょう。 ペルシャ絨毯には、どこか神秘的な印象がありますが、イスラム教のモスク天井に彩られている模様を模したものが多いのも理由のひとつです。 しかし、文様は宗教的な精神のためや、単なる美しさのためだけに描かれたわけではありません。 ペルシャ絨毯一枚の世界の中には、かつて遊牧民族が思い描いた楽園のイメージが抽象化されているのです。 厳しい気候を生き抜く遊牧民にとって、水や樹々はオアシスそのもの。 天上の美や永遠の生命に対する願いや憧れが、常に彼らから離れませんでした。 それらの憧憬は絨毯という一枚の絵画に込められ、くつろぎの場として遊牧民とともにあったのです。 そのために、ペルシャ絨毯には、草やツルや花などの植物モチーフが多く見られるのですね。

その他にも文様の種類はたくさんあります。 メダリオン文様、庭園文様、花瓶文様…。
抽象的に様式化されたエキゾチックなアラベスク文様、日本の風呂敷にもおなじみの唐草文様、春の楽園を思わせる花鳥文様、糸杉や末ぼっくりを原案としたボテ文様、モスクの円天井のタイル装飾のようなゴンバッティー文様…。 代表的なデザインのひとつに、アケメネス朝から続く伝統的な狩猟文様があります。 王侯貴族が狩りをする様子が描かれていますが、こういった文様は日本ではなかなかお見かけしません。 というのも、ヨーロッパでは狩人が家を守るという魔除けの意味があるため、日本への出荷が少ないのです。 このように、数えればきりがありませんが、各部族や町、村によって文様は伝統的に受け継がれています。

タペストリーとして製作されるペルシャ絨毯には、上下左右非対称の文様が多くあります。 飾る方向によって、文様自体に変化があるだけでなく、浮き上がる色が変わります。 一枚でさまざまな表情を楽しめるという何とも不思議なペルシャ絨毯です。

色鮮やかな自然の恵み

イランでは3000〜5000年も昔から天然染料で糸を染めてきた歴史があります。
乾いた草原に暮らす遊牧民族にとっては、鮮やかな色合いを敷物に込めることで、心を満たしていたのです。 遊牧民にとって、植物や昆虫は自然の恵みとなります。 それらを余すところなく使い、絨毯を比類なき色合いに染め上げてゆきました。 しかし、100%天然染料だと、色が深く染み込みません。 そこで触媒技術の発達が、ペルシャ絨毯をさらに発展させます。 触媒を駆使してしっかりと染められた絨毯は、歳月とともにツヤを増し、少しずつ進む日焼けによって枯れた味わいをかもしだします。 天然染料は長い時間をかけながら、ゆっくりと味わいを増してゆくだけでなく、防虫作用もあるため、長い付き合いが可能なのです。 この味わいがみすぼらしさになってしまう絨毯は、良い絨毯とは言えません。 ペルシャ絨毯以外にも、経年変化とともに、見栄えにみすぼらしさが出てきてしまうのは、染料がしっかりと糸に染み込んでいない証拠です。

色とりどりのペルシャ絨毯は、自然の宝庫です。 黄色は、乾燥させたざくろの皮、アスパラの花、サフランの花、牧草の一種であるイスペレク、ブドウの葉から作られます。 黒は黒羊から摂取した羊毛で、青は藍から。 赤は、茜の根やコチニールと呼ばれるサボテンにつく貝殻虫の雄から作られています。 茶色は、クルミの皮やカシの皮、そしてベージュはアカシアから生まれます。 色の少ない砂漠地帯に生活し、これらの色が遊牧民を束の間でも幸福にさせたのだろう、と遠く思いを馳せてしまいますね。

ペルシャ絨毯のお手入れ

ペルシャ絨毯と、他の絨毯の違いは毛足の長さと密度の高いパイルです。 これらの特徴のために、汚れは下まで浸透することなく、毛先にしか付着しません。 そのため、普段は掃除機をかけてやるだけで十分です。 一年に一度くらいは、かたくしぼった濡れ雑巾でさっと拭いて、お手入れすると尚よいでしょう。 色が濃い汚れを落としてしまったときには、こすらず可能な限り吸い取ることが得策です。

絨毯は湿気を嫌いますので、梅雨時期には、晴天時に2-3時間でも干してあげると安心です。 必ず裏干しすることを忘れないでください。 直射日光にさらすと、退色や黄変を起こしてしまいますので、注意が必要です。 ゆっくりした日焼けで天然染料がかもしだす本来の味わいに出会うことができますよ。 また、ペルシャ絨毯は一年を通して使用しても、上質のものであれば暑苦しいということは決してありません。 寒暖の差が激しい遊牧民生活において使用されていた証と言えるでしょう。

ペルシャ絨毯がご覧になれるイベント