本文へ

  • ワタリジャパン 総革張りソファ 専門ショールーム 特別販売会|東京
  • 激安!アウトレット家具セール|大正堂インテリアディスカウントショップ登戸店
  • ワタリジャパン 総革張りソファ 専門ショールーム 特別販売会|大阪

関家具木馬が「Atelier MOKUBA青山」を10月5日(土)オープン

このエントリーをはてなブックマークに追加
友だち追加数

自然が織りなす風合いと存在感。高級“無垢一枚板テーブル”の世界を余すところなく提示

「Atelier MOKUBA青山」10月5日(土)オープン
常時100枚以上を展示/豊富なサイズと樹種/価格は50万円から1,000万円前後まで

関家具木馬一枚板テーブル総合家具卸の関家具(本社:福岡県大川市、代表取締役:関 文彦)グループの関家具工房木馬は、無垢一枚板テーブルの専門ギャラリー)を10月5日(土)に、東京・青山の南青山三丁目交差点すぐの場所にオープンします。世界各地から選りすぐった原木を、先進の機械と専門職人の熟練技術で仕上げた天然無垢一枚板。その圧倒的な質感と時を経た存在感を、実際に見て手で触れ、魅力を実感できる空間です。
自然の造形から生まれる無垢一枚板は、それぞれが異なる形や木目を持ち、同じものがひとつとしてありません。かつては国産材が主体で純和風住宅や旅館・飲食店に限られていた無垢材の用途を、関家具は海外産の多彩な樹種を取り入れ、木が持つ価値を最大に引き出す製法を確立することにより、現代の住空間を彩る家具に拡げてきました。美しく、より多彩な表情を持つようになった一枚板テーブルは、暮らしに木の温もりや安らぎを求める層から熱い支持を得ています。
モダンインテリアの中心に相応しいものとなった無垢一枚板テーブルは、和風住宅だけでなく、フローリングのマンションに、モダンなカフェやホテルに、またオフィスの会議室にと、活躍の幅を広げています。こうした需要の高まりに応えるべく、港区青山の一等地にギャラリーをオープンし、ゆとりある層や本物の質感を求める人々、現代のライフスタイル感覚をリードする人達に、広く情報発信をしていきます。
国内随一の生産を誇る福岡・大川の家具産業を代表する関家具は、2010年に一枚板専門工房MOKUBAを設立。北米南米、アフリカなど世界各地から優良な丸太原材をバイヤーが直接買い付け、仕入れから加工・品質管理まで自社一貫体制で行っています。東京では西新宿のリビングデザインセンターOZONE内に新宿ギャラリーを設け、普及帯として20万円〜500万円前後の商品を展示しています。
「Atelier MOKUBA青山」では、MOKUBAブランド商品として50万円〜1,000万円前後の高級品を揃え、1.8メートルから5メートルの長尺サイズまで常時100枚以上を展示。長さ12メートル、幅1.35メートルまでのサイズで製作が可能です。豊富な品揃えで、富裕層をはじめ、企業や公共施設、大規模ホテルなどの高級無垢一枚板テーブルの需要に一層応えていきます。

Atelier MOKUBA青山のプロジェクトには、スタイリスト・岡村雅人氏、写真家・泊昭雄氏、デザイナー・紫牟田 興輔氏というマルチに活躍する著名クリエイター3氏が、総合的に参画、協力しています。
福岡・天神、東京・新宿とAtelier MOKUBAギャラリーを次々に立ち上げてきた林 翔太朗店長は、自身3店目となる青山ギャラリーのオープンにあたり「仕入れから製造工程まで、大川が育んできた木質家具の加工技術の粋を注ぎ込んだMOKUBAの無垢一枚板は、最高水準の品質を持っています。青山という上質な情報が集積される地で、多数の製品に接していただけることは大きな歓びです。無垢一枚板テーブルの価値を多くの人に感じ取ってもらえることに邁進したいと思っています。」と抱負を語っています。

関家具木馬一枚板

MOKUBAの一枚板テーブル

無垢一枚板は、長い年月をかけ成長した銘木を選び、丸太の状態で日本に入れ、経験を積み技術を磨いた職人が、皮をむき、板にして長期間丹念に乾燥させます。製品化後に変形のない理想的な含水率に達したものだけが工場に運び込まれ、削り、研磨、修復、塗装を時間をかけて行います。塗装だけでも7日をかけ、樹が本来持つ自然の美しさを最大限に引き出します。完成までには、丸太を仕入れてから短くても2年、長いものでは5年以上かけるものも。ひとつひとつ異なる形、木目を持ち、それが何にも代えがたい天然のデザインとなり、長い年月受け継ぐことができる逸品になります。
世界各地から目利きバイヤーが良材を直接買い付け。大川に直送し製材。数年をかけて乾燥。バーチカルマシンで平行に削りだし。
専用機械による粗研磨、カンナがけ、ヤスリがけなど何段階もの研磨と、節や穴の修復。ウレタン塗装工程では1週間を費やす。

関家具一枚板

【店長からのメッセージ】無垢一枚板への想い

世界中の銘木、国内の銘木を丸太のまま福岡県大川市に運び入れ、製材、加工、乾燥等、その全てを一つの地域で行っていることに感動があります。丸太は、全て倒れている樹を仕入れることに努め、樹に新たな息吹や、光のあたる場所で使ってあげることに尽くしています。
樹は動物と同じで呼吸もしますし、表情も変わります。人は年齢、樹は年輪を重ねることで、その樹のストーリーを深めていきます。人間の2倍から3倍、あるいは10倍以上生き抜いた樹々達の呼吸を感じて欲しいです。
木の持つ風合い、色調を無駄にせず、独特の雰囲気、形をそのまま活かして創る職人の技術と、大川という家具が盛んな街の想いを凝縮させた「一枚」を選んでいただきたいです。そしてお客様と長くお付き合いをさせていただきたいと思っています。安価な商品ではありませんが、弊社では一枚板専門の工場を二つ設けており、長年お使いいただく中で、傷つけてしまったので補修して欲しいという方や、もう少しカットして今度は少人数で使うテーブルとして使いたいというお客様など、さまざまなご要望にお応えできるようにしています。
何より、見て、触れて、感じて、樹の温もりを感じ取っていただければと思っております。

関家具について

株式会社関家具は、家具の生産量日本一の町として知られる福岡県大川市に、総合家具卸業として1968年に創業。独自の理念と堅実な経営で成長を続け、現在では大川家具を代表する企業となっており、創業以来45年間連続増収増益を継続。近年では次への飛躍のため、異業種ルートへの新たな販路展開、社内企画開発および海外提携による自社ブランドシリーズ展開、アメリカ、ヨーロッパ、中国、タイなどへの輸出事業の開始、福岡市・大阪・東京でのショールーム開設など、多彩な戦略を打ち出し、軌道に乗せています。2010年には無垢一枚板事業のための株式会社関家具工房木馬を設立し、メーカーとしての事業にも進出、高付加価値商品を提供しています。大川とともに歩む地域の代表企業として、福岡ソフトバンクホークスのスポンサー、サガン鳥栖のピッチスポンサーを務めています。

Atelier MOKUBA青山
オープン:2013年10月5日(土)
所在地:東京都港区南青山2-27-20 CGAビル1・2F
TEL:03-6721-1396/FAX:03-6721-1398
展示商品数(オープン時):一枚板テーブル天板約100枚(樹種約30種)、その他イスなど
営業時間:11:00〜20:00
http://www.sekikagu.co.jp/showroom/  (10月10日以降)

九州大川の一枚板テーブルがご覧になれるイベント

アーカイブ

カテゴリー

インテリアプラス マトリックス(ベッド編)
インテリアプラス マトリックス(学習机編)