カリモク家具 – インテリアプラス

本文へ

  • ワタリジャパン 総革張りソファ 専門ショールーム 特別販売会|東京
  • ドイツ&イタリア製高級革張りソファ 特別ご優待フェア|五反田TOC
  • 激安!アウトレット家具セール|大正堂インテリアディスカウントショップ登戸店

カリモク家具

このエントリーをはてなブックマークに追加
友だち追加数

「刈谷木材工業」の略称が「カリモク」という企業名になり、その「カリモク」は、主に家庭向け家具の製造から卸、小売まで、家具・インテリア業界の超一流企業として知名度があり、国内最大手の家具メーカーといえます。

江戸時代から続く家業であった木材屋を継ぎ、初代社長の加藤正平氏が、愛知県刈谷市に木工所を創業。ここから「カリモク」の歴史は始まりました。
その昔、1960年代では、日本の家具メーカーがこぞって、世界に通用する家具作りに力を注いだ時代でした。そんな時代に、高い木工技術と経験を培ってきた「カリモク」の家具職人たちは、日本の住宅に合う家具をつくろうと、国内向けの家具の生産を開始しました。

カリモク」は、家具を美しく見せる塗装や縫製仕上げといった外観だけでなく、内部構造や組み付けなど見えない部分にも手を抜かず、確かな品質を追求しています。

カリモク」の良さとは、「自然の暖かさと優しさ、素材の生命力を生かす。」というコンセプトで設計されており、生体工学や最新のエレクトロニクス技術を導入して素材や、使いやすさ、耐久性、手作りにこだわった商品として有名です。

このような企業姿勢が、顧客の信頼と根強い人気につながっている様です。主な材料は、現在家具材のなかでは最高級とされるナラ材、ブナ、ゴムの木などを使用して作られています。また、近年では、施設空間の機能を追求するあまり、デザイン、素材が無機質になっているものも少なくありませんが、「カリモク」では、バリアフリーに対応した使い手に優しい家具をテーマにして取り組んでいます。

現在の高齢者社会でも転倒などの不安もありますが、その不安を解消するだけでなく、耐震対策への留意、検討も重要と考え、「カリモク」では安全のための試験も行っています。リビングボードや食器棚などについては、今までの耐震検査、検証を通じたデータに基づき、家具として最大限に安定したデザインで設計しており、地震対策を取り入れた食器棚も発表しています。

また、天然の木の持つ優しさや温もりには親近感が増しますので、豊かで活力に満ちた高齢化社会の向上にも貢献していると言えそうです。

インテリアプラスでは、東京都・多摩ショールーム、埼玉県・関東ショールーム、埼玉県・関東北ショールーム、神奈川県・新横浜ショールーム、神奈川県・鶴見アウトレット、千葉県・野田ショールームを中心に「カリモク」の店外催事のご案内をいたします。

カリモク株式会社の会社概要

会社名 カリモク株式会社
資本金 4,500万円
設立 昭和21年6月5日
代表取締役社長 加藤 英樹
従業員数 880
営業品目 木製家具・インテリアの製造販売。
本社 〒470-2193
愛知県知多郡東浦町緒川字申新田40-3

カリモク株式会社の会社沿革

昭和15年 初代社長 加藤正平が愛知県刈谷市に木工所を創業。
昭和22年 刈谷木材工業株式会社を設立。紡織機木部品を製造。
昭和24年 紡織機輸出用梱包函の製造を開始。
昭和26年 高度な木工技術を必要とするミシンのテーブル部分を製造。
昭和32年 製材木取工場や乾燥室など本格的な木工技術を支える設備環境を拡充。
昭和34年 輸出家具の木製部の生産を開始。
昭和37年 自社製品として国産家具の生産・販売を開始。
昭和39年 カリモク家具販売株式会社を設立。カリモクの家具を全国へ。
昭和48年 カリモクの家具を体感できるショールームを本社にオープン。
昭和58年 海外の様式を取り入れた、ハイクオリティブランド「ドマーニ」を発表。
平成17年 ケルン国際家具見本市出品など、海外への出展を開始。
平成22年 サービスの更なる向上を目指して刈谷木材工業株式会社とカリモク家具販売株式会社を統合し、カリモク家具株式会社を設立。

 

関連する家具イベント一覧