本文へ

 

» ワタリジャパン(HTL Japan)の革張りソファの品質が良い理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ワタリジャパン部長様本日はワタリジャパンの東京新宿ショールームにお伺いいたしました。ワタリジャパンは高品質で尚かつリーズナブルな革張りソファが人気の注目ブランドです。牧野部長様にお話をお伺いいたしました。

Q:まずはワタリジャパンの本社シンガポールのHTLについて教えて下さい。

A:HTLはシンガポールに本社機能があります。本社機能としては市場調査から開発をしています。それを中国の自社工場で生産するというのが基本的な流れとなっています。中国の自社工場にはいくつもの生産ラインがあります。エリア毎に分かれているのですが、その中の1工場の中にワタリジャパンの製品を作る専用ラインがあります。
HTLの強みとしては、革の生産から「なめし」「染色」を行うライン、フレームは木部フレームを生産するライン、そしてウレタンフォームは発泡から自社で行う製造ラインを持ち、一貫生産を行うことが出来るところです。

ワタリジャパン

Q:ワタリジャパンとして販売するソファをセレクトする流れはどうなっているのでしょうか?

A:HTLという会社は最初 Hwa Tat Lee という名前でソファを作り始めたのですが、それからドイツのOEM製造等をやりながら技術を習得しました。そこから以降は並行して自社開発にずっと力を入れてきました。そしてOEM生産を少しずつ無くしていき、全てオリジナルモデルの生産に切り替えて来たんです。今では開発チームが市場調査を行って自分達でソファ作りを行えるようになっています。つまりHTLのソファは全てがオリジナルモデルなんです。その中から私どもワタリジャパンがソファをピックアップして日本の市場にご紹介をしています。

ワタリジャパン

Q:ピックアップするソファは日本向けというか日本人に合いそうなソファが中心になるわけですね。

A:そうですね。そこが、難しいところです。ワタリジャパンとしてはあくまでもHTLのソファをご紹介したいと考えています。過去には日本市場に合わせてソファを作っていた時期がありました。例えば日本のソファメーカーのサイズやトレンドを調べ上げて作ったことがありました。しかし、それをやると没個性というか、どこにでもあるソファになってしまってワタリジャパンのソファの良さが出てこないんですよ。
現在は、本来のHTLのソファをしっかりとご紹介していこうという流れになっています。ただ、HTLのソファを全て日本に持って来て評価を頂けるのかどうかはわかりません。そこで、ラインナップの中で日本市場に受け入られやすいサイズを選んだり、そういうサイズのソファを作らせたりはしています。中には人気シリーズをアレンジして日本市場向けにオリジナルモデルを開発することもあります。

ワタリジャパン

ワタリジャパン

Q:ワタリジャパンというとオーダーソファが多い印象があるのですが…

革見本A:私がこの会社に入って20年弱経つのですが、昔は在庫販売がほとんどでした。今は、まったく逆でオーダーがメインで、このソファ気に入ったけれどカラーや革の種類を変えたい、もしくは逆向きが良いといったオーダーがかなり増えています。
昔は在庫がないと販売が難しいこともあったのですが、今は在庫無しでもオーダー対応が出来るようになってきています。カラーオーダーと革のオーダーの体制自体は昔からありましたが、状況は随分変わりました。今では45日でオーダー対応が出来るようになっています。

Q:オーダー期間が45日って、すごく短い様な気がするのですが?一般的なオーダーソファだと3ヶ月とか普通ですよね。

A:理由としては、日本市場向けの専用ラインを持っていることと、革やその他の部材を含めて一貫生産をしていることが大きいですね。加えて、ある程度予測値で予備在庫を持つことができるようになっています。皮革やウレタンフォーム等は、売れているモデルは先行して製造することが出来ます。日本の専用ライン用の基本部材がすぐに入るようになっいることがオーダー期間を短く出来る理由となっています。もうひとつ、ワタリジャパンのオーダーの優れた点としては全モデルで45日対応ができる点ですね。これも自社工場で一貫生産していることが大きいと思います。
ほとんどの場合、45日を変えずに対応できています。ただし、中国特有の国慶節や旧正月のようなお休みが入りますと工場がお休みになってしまいますので、納期は伸びてしまいます。

ワタリジャパン

Q:購入される方が一番気になさる価格についてですが、ワタリジャパンの価格設定についてお聞かせください。

ワタリジャパンA:最終的な価格はお店が決めることですし、一概には言えませんが、価格とは下からの積み上げであり、コスによって決められているわけです。私どもワタリジャパンは中国の自社工場で全てを一貫生産でしています。コストを考える時に、この点は有利に働いていて、他のメーカーさんより押さえられる大きな理由のひとつとなっています。
ただし、価格はお客様にとって一番気になることではありますが、ワタリジャパンとしては質を下げてまで価格だけを追求するつもりは全くありません。品質を下げずにお求めやすい価格を設定することが一番重要であり、ワタリジャパンのソファの価値であると思います。

本日はありがとうございました。

ワタリジャパンが見られるイベント

ワタリジャパン 総革張りソファ 専門ショールーム 特別販売会

ワタリジャパン 総革張りソファ 専門ショールーム 特別販売会

2014年08月23日 - 2014年08月24日

ワタリジャパン HTL東京ショールーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る